Masthead

次世代シーケンサーにより高解像度の空間的プロファイリングを可能に (日本語)

Masthead
  • 2:00 pm
Speakers: 植松隆, NanoString Technologies/ 小林孝史, Illumina

腫瘍微小環境(TME)における免疫組織の空間的特性は、免疫細胞と腫瘍細胞の関係を理解するために不可欠です。ただし、限られたサンプルを使用して高度に多重化された方法でこのような研究を行うことは困難であることが判明しています。この満たされていないニーズに対応するために、単一のFFPE組織切片の異なる場所にある数百もの腫瘍および免疫タンパク質を同時に分析するように設計された、イメージングおよび組織サンプリングプラットフォームを開発しました。この能力を補うために、私たちは最近、同じFFPEサンプルタイプでNGSシーケンスプラットフォームを使用して何千もの転写産物をプロファイリングできるRNA検出化学を開発しました。デジタル空間プロファイリング(DSP)と呼ばれるこの新しい技術を使用して、腫瘍の微小環境での免疫状態の体系的な調査を可能にする腫瘍内の定義された関心領域の多重化タンパク質およびRNA分析を示します。

This webinar is conducted in Korean language and hosted by Illumina in collaboration with NanoString Technologies.